無料ブログはココログ

趣味

2020年6月21日 (日)

サイハイラン

2020年6月3日(水) 晴

田舎の家は、草の中だった。
真っ先に裏手へまわって、花を見にいった。草の中に薄ピンクの花があった。
間に合った、咲いている! サイハイランだ! 今年は間に合って、花を見ることができた。
昨年も同じ時期に帰って来たのだが、すでに花が終わっていたのだ。

P60386581

この花がここへ来て、もう4−5年くらいになるかな。
近所の立ち寄り湯へ行った時、野菜などと一緒に売られているのが目にとまった。
背丈は10センチほど、花の咲き終わった鉢が、ポツンと・・・売れ残りという感じで。

近所の田んぼ跡で、山野草を育てておられる人が出店者だった。
300円ならうまく育たなくても、まぁいいか・・・と買って帰り、グミの木の下に植えた。

それが翌年は30センチを越える背丈の花を3本もつけ、毎年、花をつけた。
花をつける姿が、戦場で武将が使う「采配」に似ているので、この名がついたそう。
6本咲いた年もあった。土や生育環境が合っていたかな。
茎の根元に葉っぱが1枚だけ。

P60586841
<草を刈って、周りがすこしさっぱりした。>

サイハイランがシュンランやキンランなどと同じ、菌従属栄養植物の仲間だということを、
今回、初めて知った。
菌従属栄養植物とは、光合成を止め、菌根菌から栄養素をとることで生きる植物のこと。
仲間にはオニノヤガラやタシロランなど、多数あるらしい。

 P60586951

が、サイハイランはその進化の途中で、完全な菌従属栄養植物にはなれていないため、
根菌からの栄養素だけでは足りず、葉を1枚残して光合成で栄養補給を補完していると
考えられるそうだ。
光合成と菌根菌から栄養素の栄養素をとるのと併せ持つ、サイハイランのような植物を
「部分的菌従属栄養植物」というそう。

ふ〜ん、そんな生態で生きているランだったのか・・・。
今年は花が3つだったのは、そばのグミの木が大きくなりすぎたからかと、木を一部切っ
てみたが関係なかったかな。

 

2020年5月30日 (土)

チリアヤメの花

2020年5月

P51067411
<5月10日(日)13:15>

ゴールデンウィークが終わった頃、時々通る公園の入口斜面にチリアヤメが咲き始める。
今年も5月10日に通りかかると、一面に咲いていた。
背丈は5センチほど、花は3〜3 . 5センチくらいの小さな花だ。
初めて気づいたのは8年前だが、その頃を思うと、かなり広範囲に広がっていた。

P51067381
<5月10日(日)13:15>

もとはアルゼンチンの標高700m以上の山地に生育する半耐寒性の球根草らしいので、
植えられていた花が、何かのきっかけで広がったのかな。
毎年1・2回見ると、もうその後は見かけなかったので、花期は1週間くらいかと思って
いた。花は一日花。

5月14日、夕方に通りかかると花はなく、緑の草地だけだった。
今年の花はもう終わったのかと思っていると、近くにいた年配の人が、「この花は不思議
なんですよ。1日か2日おきに咲きます。次は明後日くらいかな」とおっしゃった。
そんな咲き方をする花ってあるのかな? 半信半疑。

P51572581 
<5月15日(金)14:45。紫色のはしぼんだ花のあと?>

翌日15日に見に行ったが、やはり花は咲いていなかった。そして16日はまた一面に咲い
ていた。あの人の言った通り2日毎ということか・・・。

 P51672721
<5月16日(土)15:10>

17日・18日も花は無かったが、19日昼はまた一面に咲いていた。
確かに咲くのは2日おきのようだけど・・・何か腑に落ちない。

 

 P52073411
<5月20日(水)10:55>

翌20日は午前に行ってみると、花は咲いていた。2日続けて咲いていることになる。
が、15時過ぎにもう一度行ってみると、もうしぼんでしまっていた。

21日も同様で、その後も見ていると、どうやら毎日は咲くようだが、咲く時間帯がある
ようだ。気温が高くなってくると、昼にはしおれて、もう店じまい?の気配。
かと思えば、雨の日など15時を過ぎていても咲いていることもあった。
このあたりが2日おきに咲くように見えた理由かな?

それなら、朝は何時ころから咲くのだろう・・・。

 P52273851

6:45に行ってみると、まだ花はなかった。見回すとツボミが目についた。その後、徐々に
開き始め7:30に最初の花が開花した。
朝顔ほど早起きではなさそう。

P52274071

P52274141

徐々に花数は少なくなってはくるが、花が咲く期間は3週間ほどはあるようだ。
来年はもうちょっと意識して、観察してみようかな。

 

2020年2月 3日 (月)

春探し

2020年2月2日(日) 晴時々曇

暖かい今年の冬、春の先触れになる花が咲くのも早い。
南斜面のシロバナタンポポは例年は2月半ばから咲き始めるが、今年は1ヶ月も
早く咲き始め、今はいくつもの花を咲かせていた。

P20215531

公園の梅もやはり、今年は咲き始めるが早かった。

P20215901

2月初めのこの時期、もう散り始めの木もあれば、これからようやく咲こうとする木も。

P20216301

P20216051

全体的には、今が見頃かな。

P20216151

P20216551

梅林の中、梅の木の下でカンサイタンポポが、1つだけ花をつけていた。

P20216451

 

こちらもひとつだけ伸びはじめていた。見つけると、なんとなくうれしい。
頭を出すには、まだしばらくかかりそう。

P20216561

この花はハルジオンかな?

P20216611

2019年11月 5日 (火)

ツルニンジン

2019年10月18日 曇のち雨

Pa1822341

空き家にしている田舎の家。
庭先の斜面のムカゴを取りに行くと、ん? ムカゴと並んでツルニンジンの花が咲いて
いる。

Pa1822421

数えて見ると10を越える花が咲いていた。
こんなに繁茂して、たくさんの花をつけているということは、もっと以前の年から咲いて
いたということかな。今まで全然気がつかなかった。

Pa1822371

今年はまだ見ていないな・・・と思っていたが、思いがけないところでの出会いに、
ちょっとうれしい。

 

 

 

 

2019年10月14日 (月)

彼岸花

2019年9月22日(日) 雨のち曇

 

P92210921

奈良県桜井市忍阪の彼岸花が、ようやく咲き始めた。
今年は咲くのが遅かった。
秋になっても暑さが続いたせいかな?

P92210551 

以前は田んぼの土手一面に咲いていた。
今年はツボミができた後、刈られてしまったところもあり、年々、咲く範囲が少なく
なっているように思える。

 P92210631

P92210701

写真を撮っていると、農作業の人がやって来られた。挨拶をすると、
「今年は咲くのが遅かったな。去年の花は白っぽかったが、今年の花は赤が鮮やかだ」と
おじさん。年によって花の色も微妙に違ったりするということか。

P92210751

2019年9月11日 (水)

大阪北摂・一週間が過ぎて

2019年8月31日 (土) 曇後晴

一週間が過ぎた。
先週はツボミだったカリガネソウももう咲いているのでは・・・。
見に行ってみた。が、ツボミが大きくなっただけで、花は見あたらない感じ。

P83100421

早い年はもうとっくに咲いている頃なのだけどな・・・と見回すと、あった!!
陽あたり良い広場にある株が花をつけていた。
今年、初めての花、やっと見られました。

P83100501

P83100601

 

ナンバンハコベは実ができていた。てっぺんが少しだけ黒くなりかけている。
もう少しすれば、全体に黒く色づいてくる。

P83100341

 

久しぶりにホドイモの花を見た。花の形がおもしろい。『ホド』とは『塊』を
意味し、地中にカラスウリくらいの球形のイモがあるからだとか。

P83199911

P83199891 

 

初めて見る花があった。花の大きさは約1センチ。つる性。
調べて見たがわからなかった。 → クサナギオゴケ(草薙尾苔)と教えていただきました。

P83199991 

P83100051 

 

モミジガサの花。

 P83199591

ヘクソカズラの花。花はかわいいのに、ちょっと可哀想な名前。
が、繁殖力は強いし、ツルはけっこう厄介。

P83100631 

 

2019年7月14日 (日)

石川県白山市、白山高山植物園

2019年6月28日(金) 雨のち雨

P62871511

宿泊観察会で、福井県と石川県の県境近くにある、白山市白峰の白山高山植物園へ。
予定では明日に回ることになっていたが、28日の夕方が雨のやみ間になりそうだった
ので、急きょ予定を変更した。

入園時間は15時まで。もうギリギリの時間だったので、皆よりひとあし先に駐車場からの
坂を登り、受付のテントで全員の入園料を払った。
「少し前まで雨が降っていたんですよ。良い時にきましたね」と受付の方。

 

P62871301
受付のすぐ近くから、イブキジャコウソウが群生

P62871971

この高山植物園は、西山山頂直下、標高約800mの場所にある。
現在7600㎡の山腹に約50種類10万株の白山の高山植物が育っているそうだ。
私がここを知ったのは昨年だが、2012年には高山植物園としてもう開園されていたよう。

 

P62871361
シモツケソウがちょうど見頃。

P62871491

 

P62871601
天気が良い時は、こちらの方向に白山が見えるそうだが今日はちょっと無理。
雨があがっているだけ、まだ良しかな。
ニッコウキスゲはもう最盛期を過ぎて、花ガラがめだっていた。

P62871801

 

P62871711
シナノナデシコ

白山に自生する種子植物の栽培・育成と、種の保全、植生回復などを目的に、1998年から
研究が積み重ねられ、すべて種から栽培をおこなってきたそうだ。
これまでに400種類以上の植物種の馴化試験に着手。

P62871621
キリンソウ

ギリギリの時間に入ったので、植物園内はわたしたちだけ。16時の閉園時間までゆっくり
見てまわることができた。40〜50分で見て回れる広さだった。

P62871761

 

2019年4月28日 (日)

再び見に・・・ちょうど見頃

2019年4月23日(火) 晴のち曇

前回、咲き具合を見に行ってから5日間が過ぎた。
このには気温が25度を超える日もあったので、もう咲いていそうだ。
翌24日は一日雨の予報。雨が降る前に見に行ってこよう。

 

尾根筋の株はちょうど、見頃の咲き具合だった。
このなら、他の場所も咲いていそうだ。

P42328681

 

前回とは逆周りで、まず、イチリンソウから。

P42328791

18日(木)の時はツボミがひとつだけだったので、今年は花が少ないのかと心配した。
が、この日はいくつも咲いていた。よかった!

P42328851

P42329011

 

さて、目的のヤマシャクヤクは・・・。

P42329641

ジャスト見頃!

P42329451

ツボミもたくさんあったので、これから次々咲いてくるだろう。

P42329621

P42329351 

P42329591 

P4232918

開花間近なのに、何かに食べられた花。今年は、虫食いになった花がいつになく多かった。
どんな虫が食べるのか・・・。

 

 P42329691

P42329871

P42328761 

花は多くないけど、ミヤマキケマン?

2019年4月26日 (金)

今年の咲き具合は? 花めぐり。

2019年4月18日(木)晴

ヤマシャクヤクの花。よく行くところは、昨年は4月12日にもう咲いていた。
今年の春先はだいぶ冷え込んだが、咲き具合はどうだろう?
他の花の様子も見がてら見に行った。

まず最初に見に行ったのはこの株。尾根の登山道脇に咲いているこの株を見れば、
他の場所の開花の様子も検討がつく。

P41826411

花びらがちょっとだけのぞいているが、まだ緑色。じゃぁ、他の株もまだこれからだ。
今年は例年くらいと同じくらいの開花かな。

 

P41826541 

このあたりのサクラ前線も標高600mあたりまで登ってきたようだ。
まずはエドヒガンをめざして登っていく。

P41826441 

コバノミツバツツジは花盛り。

P41827461

 

P41826461 

ヤマウグイスカズラの花も咲き始めていた。1.5センチほどの小さな花。
初夏になれば赤い実ができ、ほんのり甘い味。

P41826611

 

エドヒガンの森は、来るのが2・3日遅かったようだ。もう白っぽくなっていた。
まだツボミが残る頃は濃いピンク色で、みごとなのに・・・。残念!

 P41826681

 

そして、めあてのヤマシャクは、最初の株を見て予想した通りだった。

P41827001 

P41827011 

倒れていたが、この子がいちばん開花に近い花だった。

 P41827041

二番手はこの子かな。

P41827111 

 

最後にイチリンソウを見に行った。
ヤマシャクと同じ頃に咲くので、こちらもやっぱりまだツボミ。

 P41827391

昨年は4・5輪あったのに、一輪しか見つけられなかった。

 

2019年4月14日 (日)

枝垂れ桜とミツマタ

2019年4月6日(土) 曇のち晴

P40618991

東吉野村・宝蔵寺の枝垂れ桜。今年も会えたね。
満開一歩手前で、ちょうど見頃だった。

P40618911

今年はこのサクラも元気を取り戻したように見える。

P40618961

裏に控える二世のサクラ。こちらもずんぶん大きくなり、見応えがあるようになった。

 

 P40619281

三峰山山麓のミツマタ。
群生地があるのは知っていたが、花が咲く頃には行ったことがなかったので、今年こそと
見に行った。ひときわ色鮮やかな株があった。

P40619171 

 P40619071

まだ白い花。花が開いてくると、黄色味も増してくるのだろう。

 P40619181

P40619191 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー