無料ブログはココログ

« 鈴鹿・山上はずっと霧の中、御池岳 | トップページ | 大阪北摂・東尾根と剣尾山と秋の花と »

2020年10月29日 (木)

大阪北摂・7年ぶりの戸知山山頂は、笹ヤブの中。

2020年10月7日 (水) 晴のち曇

朝は青空が広がっていた。
こんな日に豊能町・高山のソバ畑を見がてら、戸知山へ登ってこようと出かけて行った。

Pa0733091
<真ん中に見える棚田が、これから行くコース。>

交差点そばの公民館に駐車し、府道を北へと辿る。
以前は畑のそばにコスモスなど秋の花が見られたが、今はそんな様子はなく、ふと
ソバ畑ももうないかもしれないという気がした。

Pa0733171

案内に従って右に折れ、住吉神社への道をとった。このあたりに三角点があるはず。
地図を見ながら探すと、三角点は住吉神社境内の隅っこにあった。
農道をさらに上へと歩き、この辺りに『戸知山へ』の道標があったはずと探すが見あたら
なかった。ソバ畑もやはりなくなっていて、他の野菜が育っていた。

左からくる農道と出合ったところから、植林地に入り浅い谷筋を北へ辿った。
下草の無い植林は歩きやすく、20分弱で尾根の送電線巡視路へでた。ここからは自然林。
No.11鉄塔へ寄り、ナツハゼやウメモドキの実を見ながら、背の低いササの中の道をさら
に北へ進むと、『緊急通報ポイント・戸知山10』があった。
ここで本来の登山道と合流したということかな。

Pa0733841
<ササの中、右寄りのうすい踏み跡が、以前からの登山道かな。>

時々、ゴルフ場(茨木高原カントリークラブ)のフェンスの近くを通る。
No.12鉄塔を通り、さらに尾根を回り込みながら進むと、明るい谷筋へ出た。
ゴルフボールがたくさん落ちている。谷の上にあるゴルフ場から飛んでくるようだ。
ボールにあたるようなことにはなりたくはないので、そそくさと通って樹林の中へ。

Pa0733541 

ササがきれいに刈られた道がフェンスに沿うようになると、NTTの電波塔はすぐだった。
電波塔の左手が戸知山山頂だが、すっかりササやぶの中。
山名板のかわりに『戸知山15』の緊急通報ポイントが目立っていた。初めてだったら、
山頂とわからなかったかも。

Pa0733661

以前は山名板もあったけどな・・・フェンスを乗り越えササを掻き分けて探してみると、
ありました。ササに埋もれた山名板。
周りの木もすっかり大きくなって、展望もほとんど無しだった。

Pa0733701

来た道を戻ったが、少し前に歩いたばかりなのに、意外とわかりにくいところがあり、
時々、道をはずして戻るハメに。

No.11鉄塔からも石堂ヶ岡への車道に出るまで、巡視路を辿ってみるつもりだったが、
途中で不明瞭になってきた。もうこの先は、またの機会で良いか。
農道に出て、駐車地へ戻った。3時間の山歩きだった。

Pa0734041
<ミズヒキ、花盛り。>

 

高山11:40---12:05植林地へ---12:25送電線鉄塔---13:00戸知山13:05---13:55農道
---14:15駐車地

« 鈴鹿・山上はずっと霧の中、御池岳 | トップページ | 大阪北摂・東尾根と剣尾山と秋の花と »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿・山上はずっと霧の中、御池岳 | トップページ | 大阪北摂・東尾根と剣尾山と秋の花と »