無料ブログはココログ

« 福井県小浜市・野代から初めての多田ヶ岳へ | トップページ | 台高・山上は涼しかった、奥ワサビ谷から檜塚奥峰 »

2020年10月 7日 (水)

京都北山・坊村から鎌倉山・峰床山を往復

2020年9月12日 (土) 曇

O・Tさんから峰床山山行のお誘いがきた。
昨秋のテント山行で同行だったMさんも一緒で、久しぶりに会えた。
コースはO・Tさんが気に入っておられる、坊村から鎌倉山・峰床山の往復コースだ。

P91222171

土曜日とあって、坊村の駐車場には何台もの車が停まっていた。が、ほとんどの人が武奈ヶ
岳など比良方面のようだ。今回も、鎌倉山の方へ向かうのは私たちだけだった。
橋を渡ってすぐを左へ折れ、草の中を歩いて取付きへ向かった。
ヒルがいませんようにと念じながら、足早に通り過ぎて尾根にとりついた。

ブナ平で休憩している時、何気なく首筋に手をやると、何か柔らかいものに触れた感触。
こんなところにイボがあったっけ? なんだか手触りが違うような・・・摘まみ取ってみる
とヒルだった。

取付きの草むらでついたのかな? さっそくヒル避けスプレーをおみまい。
比良山系でヒルに取りつかれるのは長いことぶりだ。

P91222251

なだらかだった植林地を過ぎると登りになったが、まわりは自然林になった。
雨がパラパラしてきたのでカサをだしたが、広げる前にやんでしまった。この調子でいける
と良いのだけど。
予報では、今日は雨らしい雨は降らないはず。

P91222301

鎌倉山山頂が近くなると、登山道に張り出す枝もふえてきた。夏や暑さの残る時期は、歩
く人が少ないのかな?
鎌倉山は何回か来ているが、考えてみれば、木の葉が落ちた季節ばかりで、茂った時期に
来るのはずいぶん久しぶりだ。
木の葉が茂る時期はこんな雰囲気なのかと、周りを見回した。

 P91222341
<鎌倉山山頂>

鎌倉山からは南南西へ向かう県境稜線が登山道だ。
鞍部へ下り、尾根へ登り返した。尾根上に出てすぐのところに、枝が何本も置いてある。
ん? 先へ行ってはいけないところに、こういうのが置いてあるけど・・・と、思いつつ
先へ進んだが、やはり、その先にテープは見あたらなかった。
戻ってみると、枝が置いてあったところで、登山道は右下へ下って行っていた。

P91222401 

この県境稜線、尾根通しだが細かいアップダウンがあり、ピークで下る方向が90度近く
変わったりするので、その都度の確認が欠かせない。

 P91222561
<オグロ坂峠、トチの実が落ちていた。>

倒木が目立つようになると、まもなくオグロ坂峠。峠で一休みし、峰床山へ向かった。
山頂は私たちだけで、のんびり昼食休憩。
北山方面はまだ展望があったが、比良方面の山は雲の中だった。

P91222721

P91222741

いつもなら八丁平へ回るが、雨が続いた後なので、今回はヒルがいる八丁平はパス。
来た道を鎌倉山へと戻った。注意して確認したので、帰りは尾根分岐で間違えることは
なく、すんなりと鎌倉山へ戻ることができた。

P91222411

この山域はブナが少ない山だと思っていたが、木々の葉がある時期に歩くと、けっこう
ブナが目についた。違う季節に来てみるのも、大事かも。

坊村の駐車地には15時過ぎに戻れたので、湖西道路の渋滞に巻き込まれることもなく、
すんなり帰ることができた。

 

P91222951
<鎌倉山山頂にあったサルノコシカケ? 本当に座れそうな大きさだった。>

 

坊村駐車場7:35---8:05林道---8:30ブナ平---9:25鎌倉山---10:45オグロ坂峠10:55
---11:25峰床山12:10---12:35オグロ坂峠---13:45鎌倉山---14:25ブナ平---14:45林道
---15:05坊村駐車場

« 福井県小浜市・野代から初めての多田ヶ岳へ | トップページ | 台高・山上は涼しかった、奥ワサビ谷から檜塚奥峰 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福井県小浜市・野代から初めての多田ヶ岳へ | トップページ | 台高・山上は涼しかった、奥ワサビ谷から檜塚奥峰 »