無料ブログはココログ

« 比良・神爾谷から武奈ヶ岳と釈迦岳 | トップページ | 比良・蛇谷ヶ峰はタムシバ満開だった »

2019年4月22日 (月)

兵庫北摂・サクラ満開、能勢妙見山周辺

2019年4月13日(土) 晴

P41323201
<黒川・桜の森のエドヒガンザクラ>

能勢妙見山の上杉尾根にはサクラの大木が多いのを知っていたが、花の咲くタイミングで
行く機会がなかった。今頃なら、今年はもう咲いているかな・・・と出かけて行った。

今までの場所には建物ができて駐車できなくなったので、今回は知明湖キャンプ場そばの
黒川駐車場に車を停めた。
ここから歩くなら、まずは黒川・桜の森からかな。
集落をぬけ田んぼ沿いの道を歩いていると、「ケン・ケーン!」キジの鳴き声がした。
繰り返し聞こえてくる鳴き声に、なんだか長閑な気分になってくる。
かっては我が家の近くでも、よくキジの鳴き声がしていたことを思い出した。

 

P41322381

10分ほど歩くと左手の谷筋にサクラの塊が見えてきた。2年前に来た時は、気になりなが
ら寄れなかった場所だ。
ちょうどその方向への道もあったので登って行くと、途中に『茶道文化を支える森』の看板。
菊炭と里山を守るためにクヌギを育てているのだそうだ。
道には『桜の森・作業道』の表示もあり、すんなりと谷筋上部の桜へ辿り着いた。

 

P41322571 

ここの桜には『群雲(むらくも)桜』の看板があった。エドヒガンの成木が19本密性してい
て、花の塊が入道雲のように見えるところが命名の由来だそうだ。
看板には、エドヒガンの種は鳥のお腹を通過しないと発芽しないこと、また、ここの19本
はそれぞれの樹間が10メートル以上あり、これだけの大木が共生できる最低の樹間なの
でしょう・・・と記されていて、エドヒガンについての知識も得られた。

 

 P41322901

作業道は黒川・桜の森のメインの場所へもつながっていた。
メインの場所も良いのだが、稜線に近い奥の谷間がピンクに染まっているのが気になり行っ
てみた。ここも『群雲桜』に劣らない本数とみごとな枝ぶりだ。

P41322931 

P41322871 

他の人はここまであがってこないので、サクラを独り占めしてのお花見だった。
下へ戻ると、散り始めの木から花ビラが2枚3枚と、風にのって漂ってくるのが風情がある。

 

振野(大堂山)の山頂近くが、ほんのりピンクになっているのが、桜の森から見えた。
あのあたりもサクラが多いところ。標高は547.2mあるが、もう咲き始めたかな。
ついでに見てこようと、桜の森からR477に出たところで、尾根にとりついた。
ここから山頂へのびる尾根がそのまま大阪府と兵庫県の県境稜線だ。尾根には古い道型が
残っていたが倒木だらけ。あまり楽しくない1時間の登りで、やっと山頂到着。

P41323341 
<前を横切って木に登ったのでリスかと思ったが、下りてきたのを見るとテンかな。>

山頂のサクラは西斜面に鮮やかに咲いた木もあったが、全体にはやっと咲き始めたところ。
ここもサクラが多いので、ササやつる性の木を整理したら、いい桜の森になりそうだけど。
でも、1時間も登ってまで見に来る人は少ないか・・・。
(ここのササの中で休憩した時、ダニを1匹連れて帰ったようだ。翌日に気づいた。)

 P41323421
<山頂直下で咲き始めたエドヒガン。>

 

大堂越にくだって、妙見山へと登り返す。もう下ってくる5〜6人に出会った。
ケーブルとリフトで登ってくる人あり、車で山上までくる人あり。天気も良いので、妙見山
は大勢の人で賑わっていた。
まだ紅梅やボケが見ごろだったが、ソメイヨシノもちらほら咲きになっていた。

 

今年はもう咲いているかも・・・と期待して、山頂駐車場から上杉尾根に入った。
尾根道は妙見の森方面も見えて、エドヒガンの群生地がよくわかった。新滝道を歩いて谷の
両側のサクラを見るのもよさそうだ。

 P41323861

途中では咲いている木もあったのに、わたしが期待した木はどれもまだツボミだった。

P41323881 

あ〜ぁ、残念!咲くまでまだ1週間はかかりそう。ここの木は遅咲きの種類かな。
下方は咲いている木が多く、花見しながら登山口へと下った。

 

 P41324141
<駐車場へ戻る途中に、妙見の森ケーブルのサクラを見にちょっと寄り道。>

黒川駐車場10:00---10:40群雲桜---10:55三角点・出野---11:10黒川・桜の森11:45---
12:55振野(大堂山)13:15---13:30大堂越---14:00妙見山---15:13上杉尾根登山口---
15:55黒川駐車場

 

« 比良・神爾谷から武奈ヶ岳と釈迦岳 | トップページ | 比良・蛇谷ヶ峰はタムシバ満開だった »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 比良・神爾谷から武奈ヶ岳と釈迦岳 | トップページ | 比良・蛇谷ヶ峰はタムシバ満開だった »