無料ブログはココログ

« 比良・残雪の森山岳、烏谷山、摺鉢山、 | トップページ | そろそろ、春。 »

2019年4月 2日 (火)

越美国境・行けた!新雪の夜叉ヶ池山、三国岳、左千方

2019年3月18日(月) 晴

P31813521
 夜叉ヶ丸から眺める夜叉ヶ池(中央の下)と、三周ヶ岳(中央のピーク)

福井・岐阜県県境にある三国岳は、ササが深いので積雪期の方が登りやすい山だ。
今年は雪が少なく、夜叉ヶ池の登山口まで雪なしで入れるという情報を得た。ちょうど北陸
へ行く用もあったので、こんな機会にと行ってみることにした。

広野ダムの駐車地にはもう3台の車があり、私の前に単独の男性が2人出発して行った。
林道入口の鎖のところには『登山口まで4・◯km』の表示があった。ということは往復で
約9kmの林道歩きがあるということか。 

登山口まではちょうど1時間かかった。このあたりはまだ雪が残っていた。

P31812911

鳥居をくぐり、登山道の雪を踏んで10分ほど登ったところで、尾根にとりついた。
今回はできたら左千方まで行きたい。夜叉ヶ池へ寄っていると時間が足りなくなりそうなの
で、ダイレクト尾根でまずは夜叉ヶ丸(1210m)をめざした。
しばらく登ると、新しい足跡がでてきた。先に出発された方かな。

 

初めは潅木、途中からはゆずりはのヤブ。かき分けながら、急斜面を登ること30分。
標高700mを過ぎるとようやくヤブもましになり、太いブナが見られるようになった。
振り返ると手倉山・上谷山への稜線と青空が見え、傾斜もこのあたりから少し緩んだ。

P31813131

さらに1時間ほど登ると、夜叉ヶ池北側の稜線も。
登るほどに広がる展望に励まされる。
新雪が深くなってきたので、ワカンをつけた。
途中までシカかカモシカの足跡がたくさんあったが、このあたりはウサギの足跡だけだ。

P31813201

尾根が細くなった頃、前方に目指す夜叉ヶ丸が見えてきた。夜叉ヶ丸めがけて直登したが、
山頂直下の急斜面には新雪は積もっておらず、古い雪だけが凍っていたので、滑落しない
よう注意が要った。

 

ようやく夜叉ヶ丸にでたのは12時ちょうど。登山口から3時間半もかかっていた。
青空の下、遮るもののない360度の展望は、登ってきたご褒美かな!

P31813411

三周ヶ岳から烏帽子岳(?)にかけての稜線

P31813451

西には上谷山。帰りに歩く稜線と尾根もよく見えていた。

P31813571

これから行く三国岳。

 

周囲の山々と上から夜叉ヶ池を眺めた後、夜叉ヶ池山(1206m)へ向かった。この時間なら
明るいうちに林道へ下ることができそうだ。
遠目には細い雪庇で、通れるだろうかと案じたところも近くまで行ってみれば、それなりに
幅があり、問題なく通過できた。登り返すと夜叉ヶ池山。

P31813691

今まで他の山の陰になっていた白山が白い頂きをのぞかせていた。

 P31813881

上谷山を眺めながら三国岳へ。東には奥美濃の山々、南方向には湖北の山が連なるが
山名がわかるのは蕎麦粒山・横山岳くらいで、ちょっと残念だ。
例年より雪が少なく雪庇が小さいからか、普通だったら危険で歩けない雪庇の風下側が、
積雪量が少なくて歩きやすかった。三国岳の山頂直下には広いブナ林が広がっていた。

P31814031

三国岳にはスノーシューの跡があったが、左千方方向へはトレースなしだった。
緩やかに登り下りし、左千方が近づくと、前方に横山岳とびわ湖が見えた。2週間前はこの
反対で横山岳から左千方を眺めていたことを思い出す。
左千方から南西を見下ろすと、この時に眺めていた安蔵山からの尾根がよく見えた。

 

 三国岳へ戻って、上谷山方向にのびる北西の県境尾根を辿った。こちらの尾根にはスノー
シューの往復の跡がついていた。しばらく下ると小さな谷が入ってくるので、地形図で
見るよりコースはややこしいが、こちらもブナの広い雪原だ。

P31814161

初めは下りで楽だったが、ca940mの鞍部からの登り返しは、疲れてきたこともあって
足が進まず、ca1010mまでがずいぶん遠く感じられた。

やっと着いたca1010m。ここまで来るとあとは下りだけだ。標高差100mほどを下ると、
尾根は広くなり良いブナ林が広がった。そこを過ぎると次は急坂。下りは速い!

P31814361

 

標高700mあたりで雪が少なくなったので、ワカンを脱ぎ、ヤブをぬってさらに下る。
・ 542手前の鞍部で右下の植林へ向かって下り、林道におりた。約1時間だった。
まだ林道歩きが残っている。時計をみながら先を急いだ。

駐車地に戻ったのは暗くなる寸前、残っているのは私の車だけだった。
この日の歩数は41000歩を越えていた。歩き詰めの一日でさすがに疲れたが、ずっと行き
たかった山を歩けた喜びがじんわりひろがってきた。

P31814181

広野ダム7:30---8:30岩谷登山口8:35---12:00夜叉ヶ丸---12:35夜叉ヶ池山(・1206)
---昼食15分---13:47三国岳—14:30左千方---15:05三国岳---16:22ca1010分岐---
17:25林道---18:15広野ダム

 

« 比良・残雪の森山岳、烏谷山、摺鉢山、 | トップページ | そろそろ、春。 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 比良・残雪の森山岳、烏谷山、摺鉢山、 | トップページ | そろそろ、春。 »