無料ブログはココログ

« 比良・稜線はまぁまぁの積雪、堂満岳 | トップページ | 湖北・雪は少なかったが、展望は最高、横山岳 »

2019年3月15日 (金)

滋賀県高島市、黒河峠から展望の芦原岳・乗鞍岳周回

2019年2月27日(水) のち

P22706671
<芦原岳から北東方向を見る。越美稜線の山かな。>

O・Kさんとの久しぶりの山行は、高島トレイルの黒河峠から乗鞍岳へ。
黒河峠への林道と県道533号線の分岐に車を置き、歩き出したのは9時だった。
雪は山の上部に少し見えるだけだったが、林道ゲートを過ぎて10分も歩くと、道端にも
出てきて、だんだん雪に覆われる面積が増えた。融けているところを選って歩く。
時々先行者の足跡があったが、林道が谷筋を蛇行するあたりでなくなった。
登山者ではなかった?

P22705941


1時間余で黒河峠に着き、いよいよここからは初めての道だ。
雪が融けたところあり残っているところありの登山道を登ると、約10分で最初の送電線
鉄塔 (P620)にでて、細めのブナ林になった。その中を登って、まずは猿ヶ馬場山へ。

このあたりから雪がつながってきたので、O・Kさんはワカンを装着。
わたしはあまり沈まないので靴のまま。
ここで体重差が話題になった。25キロの差は大きいようだ。

P22706001
<最初の鉄塔のところから、これから行く山が見えた。>


そこから北北東へ登ると二つの鉄塔が並ぶピークだ。
ここで確認してみたいと思っていたことがあった。このピークには横切る2本の送電線の他
に、北側にもう一つ送電線がある。
地形図ではこの送電線は他の送電線と繋がっていないので、頭の中で???だった。

実際に見てみると、やはり繋がっていない。
そのことを口にすると「訓練用かもしれないよ」とO・Kさん。
東西に並ぶ3つの鉄塔と、その送電線の下には付帯設備もあるので、やはりそうなのかも。

P22706311
<左がca810mにある、別ルートの鉄塔と送電線>


今日は一日中曇りの日だと思っていたが、Ca810の鉄塔に出る頃には、日が差し、青空も
でてきた。北に敦賀湾と野坂山、その右手には越美の県境稜線の山々。
西には三国山とその南へ連なる赤坂山や大御影への山並みが広がっている。
これだけ展望があると、やはり青空がいい!

P22706661
<振り向くと三国山(中央右)や赤坂山、大御影山(奥・左)の展望。>


次の芦原岳もまた展望がよかった。送電線鉄塔が多いこの稜線は、展望のある場所も多く、
真っ白な雪原がそれを引き立てている。
芦原岳の下には白い雪原があり、その向こうにブナ林が広がっていた。思わず行きたくなっ
たが、時間はもう13時だ。残る距離を考えると、寄り道をしている余裕はない。
分岐まで戻って、乗鞍岳へ向かった。

P22706651
<芦原岳直下のブナ林と、これから目指す乗鞍岳(左端)>


杉が混じる樹林帯を過ぎると、ずっとブナ林の稜線になった。左手にこれから行く電波塔、
右手にはびわ湖と奥美濃の山々を眺めて、ブナ林の中を辿って行く。
P825に出ると電波塔はすぐ近くだった。

P22706741


ca840mの電波塔のところにザックを置いて、乗鞍岳を往復した。
夏はススキが茂っていた山頂は、高島トレイルの標柱の、最上部だけが見えていた。
電波塔に戻ると、時間はもう15時を過ぎていた。急いで下山にかかった。

P22707081
<ca840mの電波塔から、歩いてきた方向を見る。>

南東に伸びる尾根を下って、電波塔の管理道路を歩いていると、「これ、クマの足跡ですな」
O・Kさんが指さす先には、私の手のひらくらいの動物の足跡があり、爪の跡もくっきり!
どう見てもクマだ。
やっぱり、もう活動中のようだ。出会いませんように!

林道が東にカーブするところを直進して、そのまま尾根を下った。再度、出会った管理道路
を横切り、南に伸びる尾根に入ると、もう雪はまばらだった。
南西の尾根に入って20分ほどで、作業用林道に出ることができた。
このコースが最短距離かな。電波塔から在原の集落までは1時間30分ほどだった。

P22707391

あとは駐車地までの車道歩きだけだと思っていたら、これが意外と時間がかかった。
靴擦れのできた足を引きずりながら車に着いたのは暗くなる寸前だったが、意中のコースが
歩け、展望も楽しめて良い一日だった。

県道分岐9:00 ---10:13黒河峠---10:55猿ヶ馬場山 ---11:50 ca730の鉄塔12:20---
13:00芦原岳---14:30ca830の電波塔---14:45乗鞍岳14:55---15:05 ca830の電波塔
---15:50管理道から南尾根へ---16:10作業林道---16:30在原集落---17:30県道・分岐

« 比良・稜線はまぁまぁの積雪、堂満岳 | トップページ | 湖北・雪は少なかったが、展望は最高、横山岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県高島市、黒河峠から展望の芦原岳・乗鞍岳周回:

« 比良・稜線はまぁまぁの積雪、堂満岳 | トップページ | 湖北・雪は少なかったが、展望は最高、横山岳 »