無料ブログはココログ

« 滋賀県高島市・霧で展望さっぱり、赤坂山・三国山 | トップページ | 大峰・阿弥陀ヶ森は霧氷だった »

2019年2月 1日 (金)

比良・雨のやみ間に蛇谷ヶ峰へ

2019年1月20日(日) 一時

山の会仲間と比良。蛇谷ヶ峰へ。
当初は予定に入れていなかったが、ひょんな成り行きで、私も行くことになった。
湖西道路の真野ICからR477、R367と走って、登山口の朽木スキー場へ向かった。

花折トンネルを抜けて平に入ると、途端に雪景色になったが、北へ行くとともに道端の
雪は減ってきた。道中はその間、ずっと雨。
雪ならまだ楽なのに、よりによって雨だなんて、恨めしい気分だ。


P12092501

途中にあった『積雪45cm、滑走可』の情報通り、標高440mにあるスキー場は、駐車場を
出ると、もう雪の上だ。
雨はやんでいたが、一応、雨具を着て出発。
こども用ゲレンデの山側を歩いて行く。雪面には登山靴やスノーシューの跡が残っていた。
前日は天気も良かったので、登山者があったようだ。

P12092541


『さわらび高原』の案内板までは約10分ほど。ここから登山道に入るが、もうしっかり
した踏み跡がついていた。道標では、山頂までは2 . 2km。
ジグザグに折り返しながら登る道なので、緩やかで登りやすい。

P12092951


標高650mあたりでいったん東側の山腹を辿った後、再び尾根の道になる。
このあたりになると北側の山や琵琶湖の北部が、雲の切れ間に見えてきた。
緩やかになった尾根道を辿り、ひと登りすると・817。
スキー場上部からの道との合流箇所だが、さすがにここへのトレースはなかった。

細くなった尾根には吹きだまった雪が盛り上がり、積雪は1メートルくらいありそうだ。
さらに10分ほどで、グリーンパークからの道が合わさった。
ここまでくると山頂まではあと200m。この200mがけっこう急だが、登山道の小石が雪に
かくれる分、冬の方が登りやすかった。


P12092741

10:50、蛇谷ヶ峰山頂到着。
昨日作られたらしい雪だるまが3つ、ガスの中で私たちを迎えてくれた。
天気がよければ、正面に釣瓶岳や武奈ヶ岳、琵琶湖も見えて360度の展望がある山頂だが、
この日はあいにくどこも見えない。雨に降られなかっただけでもラッキーかな。
早々に来た道を引き返した。


P12092871

帰りは、ワカンをつけて新雪の中を下る者・コース通り歩く者と、仲間の位置を確認しなが
ら、各自思い思いのコースどりで下った。
下りは速い速い。1時間もかからずにスキー場に着いた。
スキー場に着くのと雨が降り始めるのとはほぼ同時。
雨がやんでいる間に登ってくることができ、ラッキーな蛇谷ヶ峰山行だった。

P12092921


朽木スキー場9:05---9:15さわらび高原---10:35 ・817---10:45グリーンパーク分岐---
10:50蛇谷ヶ峰10:55---11:07・817---11:42さわらび高原---11:50朽木スキー場

« 滋賀県高島市・霧で展望さっぱり、赤坂山・三国山 | トップページ | 大峰・阿弥陀ヶ森は霧氷だった »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比良・雨のやみ間に蛇谷ヶ峰へ:

« 滋賀県高島市・霧で展望さっぱり、赤坂山・三国山 | トップページ | 大峰・阿弥陀ヶ森は霧氷だった »