無料ブログはココログ

« 台高・霧氷はなかったが無風・快晴、檜塚奥峰 | トップページ | 比良・雪山の気分は味わえたかな、釈迦岳 »

2019年2月22日 (金)

高見山地・北風の中、庄司峠から局ヶ岳へ

2019年2月4日(月)  のち

P20499071
<赤桶から見る局ヶ岳>

この日は山仲間と野江股ノ頭へ登る予定だった。
が、待ち合わせた蓮ダムは小雨が降っていた。山の上もどんより雲に覆われている。
これだったら、雨がやんでも一日ガスの中かな? 東の方の山ならまだマシかも・・・と、
仲間で相談して行き先を局ヶ岳に変更した。

まずは局ヶ岳神社に置車し、もう1台で『つつじの里荒滝』へ。
道端の広い所に駐車し出発準備をして、歩き始めたのは9:30だった。
作業林道を奥へ歩き、道標にしたがって終点から登山道へ。標高440m付近で新しい林道を
横切り、工事中の箇所を通らせてもらって谷沿いに登った。


P20497961
<庄司峠への登り>

植林が自然林に変わってくると20分ほどで庄司峠へ。
峠には石仏が祀られていた。美杉町へ抜ける昔からの道だったのだろう。

峠で稜線に出たとたんに、冷たい風が吹きつけてきた。寒さに身を縮めて、再び植林になっ
た道を西へと辿って行く。 
途中、局ヶ岳かと思うようなピークが前方に見えてきたが、・948の前衛峰だった。


P20498151

・ 821を過ぎた鞍部で、ようやく右手にめざす局ヶ岳が見えてきた。
このあたりからみる局ヶ岳は、飯高駅から見るのとは少し違って、キリッした三角の山容だ。
北西には尼ヶ岳や大洞山も見えた。

標高差20〜30mの登りがけっこうある。このコース、こんなに登りがあったっけ?
以前にも歩いているのだが、遠かったことだけしか覚えていない。
風があたらない場所をみつけて、短時間で昼食をとった後は、いよいよ・948の前衛峰の
登り。東側は崖になった尾根の急登。ここは記憶に残っていた。


P20498661

先にピークにあがった仲間から歓声が聞こえた。ピークからは今までは樹林越しでしか見え
なかった、栗の木岳から三峰山へと連なる山々がよく見えた。
なんとかあの写真が撮りたいと思っていたのが、このピークで叶えられた。
青山高原方面も良く見えている。檜塚方面と思われる山域はまだ雲の中。
ここは局ヶ岳山頂に次ぐ展望地だった。

P20498521
<局ヶ岳もすっきりと見えた。>


・ 942からは進む方向が南東に変わった。アップダウンを繰り返して緩やかに下ると、
最低鞍部になり、いよいよ局ヶ岳への登り。
これがけっこう急登続きだが、山頂間近という思いと、時々にゆるやかなところがあるのと
で頑張れる。上仁柿からの道を合わせて最後の登り。ようやく山頂に着いた。
やはりこのコースは長い!

P20498871
<山頂からは歩いてきたコースがよく見えていた。>


山頂ではしばし休憩して360度の展望を楽しんだ。
後は、もう下るだけ。南尾根を下り、小峠から旧登山道へ入った。東側の斜面に入ると
今までの寒風がうそのようだ。
始めは山腹をジグザグに、その後は谷沿に下っていくと小1時間で林道にでた。
しばらく林道を歩いた後、右手のショートカット道を経て再び林道へ出ると、局ヶ岳神社は
すぐだった。

P20498831


局ヶ岳神社(置き車)9:00---9:15ツツジの里・荒滝9:30---9:45林道終点---10:45庄司峠
---11:35 ・821---昼食20分---12:55・942---13:45鞍部---14:15局ヶ岳14:25---
14:40小峠---15:35林道---15:55局ヶ岳神社

« 台高・霧氷はなかったが無風・快晴、檜塚奥峰 | トップページ | 比良・雪山の気分は味わえたかな、釈迦岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高見山地・北風の中、庄司峠から局ヶ岳へ:

« 台高・霧氷はなかったが無風・快晴、檜塚奥峰 | トップページ | 比良・雪山の気分は味わえたかな、釈迦岳 »